1. さがそう歯医者さんTOP
  2. 歯に関するおすすめ記事
  3. コラム >
  4. 歯と口から始めるアンチエイジング 審美歯科で

お役立ちコラム

歯と口から始めるアンチエイジング 審美歯科で

歯のアンチエイジング
カテゴリ:コラム 投稿日 2018/05/15
最近の大人の女性は以前よりずいぶんと若く、輝いています。街では、40代、50代以上の美しい女性が溢れています。なぜ、こんなにも美しく年齢を重ねる女性が増えてきたのでしょう。芸能で言えば八千草薫さん87歳(2018年)、加賀まりこさん74歳、吉永小百合さん73歳。自然のイタズラでいつまでも美しいわけではありません。秘密は口と歯にあります。

口元(口と歯)で差が出る年齢

肌や髪は朝の身支度でキレイに見せられても、口元はすぐにはどうしよもありません。
見た目以上に若く見える人をよく観察すると、あることに気が付きます。
そうです。吉永小百合さんら神や自然のいたずらかと思うほど美しい人たちの共通点は、口や歯がとてもキレイなことです。

自分の周りの人を想像してみると間違いないと分かっていただけるはずです。
「口の中がキレイ」、「歯が多く残っている」、「歯並びが整っている」と年齢以上に若々しく見えます。

口元を審美歯科などで美しくすることがアンチエイジングになるのです。

歯がないことでの顔の変化

歯を失い、そのままにしておくと口元に縦ジワ、横ジワが目立ってきてしまいます。
シワが増えると老け顔に見られてしまいます。入れ歯や義歯を入れ、きちんと合った噛み合わせを取り戻すことで、若返ることができます。

不正咬合などで噛み合わせが悪い場合は、歯列矯正をすることで、口元を美しくします。整った歯並びは顔の表情を作る筋肉を活発にし、表情が明るくなります。

そして、体のバランスも整い、だ液の分泌量が増え、免疫力がアップします。虫歯や歯周病になる可能性がグッと減ります。体の外側だけでなく、内側から美しくなれます。とってもおきのアンチエイジングと言えるでしょう。

しかし、入れ歯や歯列矯正も歯科医院での治療が終われば、安心ではありません。
日ごろからの十分なケアをすることで、はじめて10年、20年先でも若さを保つことができるのです。

入れ歯用の歯ブラシ、歯列矯正用の歯ブラシ、洗浄剤、義歯用安定剤など目的に合った物を利用することでケアの成果を上げることができます。

最後に

審美歯科で口元、歯を美しく整え、十分な目的に合った道具を使いケアをしていくことがアンチエイジングになります。そして、アンチエイジングに欠かせないことがあります。
最近、大声で「笑って」いますか。ヒトは、笑うことで体の免疫力が向上するそうです。

責任が増し、家族から頼りにされることが多くなる40代ですが、歯の曲がり角が若さのカギになる年齢でもあります。笑顔はキレイな口元を保つためにも必要です。笑顔を増やし、スキンケアと同じように歯のケアも見直してみませんか。

コラムに関する記事