1. さがそう歯医者さんTOP
  2. 歯に関するおすすめ記事
  3. コラム >
  4. 歯の矯正「インビザライン」 歯を抜かず出っ歯を治せるの?

お役立ちコラム

歯の矯正「インビザライン」 歯を抜かず出っ歯を治せるの?

出っ歯
カテゴリ:コラム 投稿日 2019/01/18
3D技術を使ったマウスピース型の矯正治療「インビザライン」は、矯正中の審美性に優れていることもありお洒落に敏感な永久歯が生えそろっていない中高生にも注目されています。しかも、歯を抜かずに矯正治療ができる可能性があります。マウスピース型の矯正治療は種類がありますが、インビザラインは最も実績のある治療方法です。出っ歯(上顎前突・口ゴボ)もインビザラインで矯正できる可能性があります。

歯列矯正治療「インビザライン」のメリット



インビザラインの特徴は、3D技術で患者さんに合ったオリジナルのマウスピースを定期的に交換しながら歯列を矯正していくことです。従来の矯正治療は抜歯を行い、歯に金属のブラケットを装着してワイヤーの力で歯を移動していく方法とは全く違います。また、個人差はありますが、矯正中の痛みも少ないと言われています。
※装着したばかりのころは、締め付けによる痛みが多少ある可能性があります。

それでは、インビザラインのメリットを見ていきましょう。

■審美性


透明で薄いマウスピースは近くで見ても目立ちません。他人に気付かれることは少ないでしょう。お洒落に敏感な人にも注目されています。“見えない矯正”とも言われています。

■食事のときは外せる


マウスピースは取り外し可能です。食事のときだけ脱着して、普段通りに美味しく食べられます。また、薄くて柔らかい素材なので、会話が違和感なくできます。

■非抜歯で治療できる可能性がある


早期の治療で抜歯を行わずに、インビザラインだけで矯正できる可能性があります。
※インビザラインは抜歯が不要とは限りません。

■衛生面・虫歯になりにくい


取り外して、いつも通りの歯磨きが行えます。口内を清潔に保ち、虫歯にもなりにくい治療方法です。また、金属アレルギーの方でも治療が行えます。

また、通院回数が他の矯正治療より少なくてすむのが一般的ですが、歯の形が変わった場合などは最初に全部作っていたマウスピースを作り直す必要がでてきます。

出っ歯はインビザラインで治せるの?



メリットの多いインビザラインは、全ての歯列を治せるとは限りません。
歯の移動量が少ない(抜歯の場合)など適応できる症例があります。
※情報だけで自分はインビザライン治療ができると思わずに、必ず歯科医院で先生に所見をうかがってください。

また、アゴの骨にズレがある、不正咬合のズレが大きいなど適応できない症例があります。

コラムに関する記事