1. さがそう歯医者さんTOP
  2. 歯に関するおすすめ記事
  3. コラム >
  4. 審美性・親和性の高いセラミック治療とは 歯列も治せる

お役立ちコラム

審美性・親和性の高いセラミック治療とは 歯列も治せる

親和性の高いセラミック治療
カテゴリ:コラム 投稿日 2019/02/01
虫歯や歯の欠損で補う歯科治療で使われる、自然に近い天然性を持つのが「セラミック」です。強度があり、体への親和性が高いことがメリットです。口を開けたときの銀歯や黒く変色した詰め物が気になっていれば、セラミックに交換して審美性を手に入れることができます。セラミック矯正と呼ばれる治療では、セラミック素材を使って歯列を動かさないで歯並びを改善できます。

セラミック治療で実現できること



セラミックは、一般の歯科治療(保険適用)で使用するレジンよりも、「耐久性・透明度」が高い陶材です。とくに、オールセラミックは光を透過するので、より自然に近い白さが特徴。歯質に近いので、審美性の高さが魅力です。また、ホワイトニングやホワイトコート(歯のマニキュア)では効果の期間が限定的ですが、セラミックはケア次第で自然な歯と同じように半永久的に白さが持続します。

■インレー治療
虫歯の治療あと、黒くなった詰め物(インレー)があれば、人前で話す、笑うのをためらうかもしれません。ですが、詰め物をセラミックに交換して治療ができます。セラミックに詰め物を交換すれば、全く気にせずに人前で笑うことも話すこともできます。

■クラウン治療
銀歯などの補綴(ほてつ)物をセラミックに交換できます。また、歯の欠損もセラミックで補えば自然な歯を取り戻せます。

■セラミック矯正治療
歯を削り、歯の形や歯並びを整えてセラミックのクラウンを被せる治療です。歯列を動かす、一般的な歯列矯正ではないので短期間で治療が行えます。

治療で使われるセラミックの種類と特徴



・オールセラミック…費用が高いことで知られていますが、自然の歯に近いツヤや白さが特徴です。100%陶器で作られたものをオールセラミックと呼びます。

・セラミック…自然な歯に近い素材ですが、レジンのような柔軟性が少なく衝撃に弱いため、治療に使える個所は限定されます。

・ジルコニアセラミック…スペースシャトルの外壁にも使用される耐久のあるジルコニア(鉱物)を芯にした素材です。耐久性はもちろんのこと、色調やツヤなど審美性の高さが特徴です。

・ハイブリットセラミック…セラミックにジルコニア、水晶(石英)など硬度の高い素材を混ぜて作られた素材です。オールセラミックに比べると審美性の持続は劣ります。

また、治療の場所によっては保険適用で金属の強度とセラミックの美しさを持つ「メタリックセラミック」が使える可能性があります。

セラミック治療で誤解が多いのは、高い物を勧められたと不信感を持たれてしまうことです。強い力が加わる奥歯にはセラミックは向かないなど、治療によって素材の向き不向きがあります。信頼できる歯科医の先生によくご相談されてください。

コラムに関する記事