1. さがそう歯医者さんTOP
  2. 歯に関するおすすめ記事
  3. コラム >
  4. 変色・すきっ歯の修復法「ラミネートべニア」 歯をイメージ通りに白く

お役立ちコラム

変色・すきっ歯の修復法「ラミネートべニア」 歯をイメージ通りに白く

ラミネートベニア
カテゴリ:コラム 投稿日 2019/03/15
口元の審美性の向上には歯並びの乱れを治す歯列矯正から、歯を白くする方法などさまざまです。口まわりの美しさは、相手に与える印象を大きく変えます。芸能人だけでなく、一般にも歯を美しくするメリットは、はかり知れません。今回は歯を白くする「ラミネートべニア」について。ケアをしてみないと、どんな歯になるか分からないホワイトニングに対して、歯をごくわずかに削る反面、イメージ通りの白い歯を手に入れられる治療です。

ごくわずかに歯を削るラミネートべニアとは?



ラミネートべニアとは、歯の審美性を向上させる修復法の一つです。
修復法と言えば、奥歯の虫歯治療後に被せるクラウンをイメージするかもしれませんが、歯の表側のエナメル質(0・5mm程度)を削るだけです。何ともない歯を大きく削る必要がないので、歯の神経に影響を与えない負担の少ない治療と言えます。

治療は主に上顎の前歯に行われます。
前歯の表側(唇側)をごく薄く削って、硬質レジンや自然の歯に近い薄いセラミックをネイルのつけ爪のように貼り付けます。歯科接着剤の発達で可能になった技術です。
【歯の変色、すきっ歯、歯の凹凸】など不自然な歯にとても有効な治療方法だと言えます。

子どものころのテトラサイクリン(抗生物質)が原因で歯が変色している場合では、ホワイトニングを行っても色が残ってしまいます。そのさい、上の前歯をラミネートべニアでキレイな白い歯にして、下の前歯をホワイトニングするなど治療を組み合わせて、理想の口元を手に入れる方法があります。

前歯を理想の白さにするラミネートべニアのメリット



ラミネートべニアは、日本ではまだあまり知られていませんが、アメリカでは一般的な治療法です。今後、ほかの治療法と同様に芸能人を中心に流行るのではないでしょうか。

貼り付けるべニア(セラミックなど)はハンドメイドで製作します。
形と色は自由自在です。
そして、
・ホワイトニングでは白くならない、神経のない歯、白くならない歯にも有効
・ごくわずか削るだけなので、身体への負担が少ない
・通院回数は約2回(※虫歯や歯周病の治療があれば増えます)ですむので、忙しい人でも通いやすい

などのメリットが挙げられます。
ただし、保険適用外の治療です。また、強い衝撃でシェルが欠ける恐れがあります。
噛み癖などがあれば、より頑丈で安心な二層式のラミネートべニアがありますので、歯科医院でご相談ください。

いろいろなケアを試したが理想の白さを手に入れられない、歯の変色やすきっ歯で悩んでいる人には、とてもおすすめの治療法です。

コラムに関する記事